西日本、大荒れの天気に 4日は東日本で暴風の恐れ

 低気圧や前線の影響で3日、大気が不安定となり、西日本を中心に大荒れの天気となった。4日も東日本を中心に暴風や高波の恐れがあるとして、気象庁は警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、地震の続く熊本、大分両県では午前から雨が降った。3日午後4時までの総降水量は大分県日田市51・0ミリ、熊本県南阿蘇村36・5ミリ、同県益城町34・0ミリだった。

 3日の最大瞬間風速は愛媛県伊方町で38・2メートル、福井県敦賀市で35・8メートル、長崎市で29・6メートル、鳥取市で29・3メートルを観測するなど各地で非常に強い風が吹いた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ