熊本、車中泊近くにこいのぼり 益城町で400匹空を舞う

 熊本地震で避難した多くの人が車中泊を続けている熊本県益城町の産業展示場「グランメッセ熊本」では、大小約400匹のカラフルなこいのぼりが空を舞い、避難者の目を楽しませている。4日は駐車場近くに遊具が置かれ、好天の下で遊ぶ親子連れも目立った。

 2009年から毎年飾られており、今年も地震前の4月8日に設置された。400匹は屋根から駐車場近くの樹木に張られたワイヤにつけられ、芝生の広場を泳いでいるように見える。

 熊本市東区の進藤碧人君(6)はこいのぼりを見上げて「たくさんいる」と笑顔。母親の裕子さん(43)は「学校が休みで子どもが退屈していた。ありがたい」と話した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ