化血研、業務停止処分終了 被災で製造再開めど立たず

 熊本市の化学及血清療法研究所(化血研)が、国の承認と異なる方法で血液製剤を製造していた問題で、厚生労働省から受けた110日間の業務停止処分が6日終了した。停止していた8製品の製造・販売ができるようになるが、熊本地震で設備が被災し、全製品の製造ができない状態となっている。再開のめどは立っていない。

 化血研は6日、ホームページ上で宮本誠二理事長を含む役員9人は6月下旬に全て退任し、新体制で組織改革を行うと表明。製造現場での監視の仕組みも構築するとした。

 化血研によると、6日夕に厚労省職員2人が建物に入り、1月の処分の際に貼った「封かんの証」や「立ち入り禁止」と書かれたシールを取り除く作業をした。

 化血研は、薬害エイズ訴訟の被告企業の一つ。現在、製薬大手アステラス製薬と血液製剤やワクチンの製造事業を売却する交渉に入っており、厚労省の関係者は「3度目の過ちを犯さないよう、うみを出し切った上で事業を引き継いでほしい」と話した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ