原因物質の構造変化を確認 アルツハイマー病で金沢大

 アルツハイマー病を引き起こすとされるタンパク質「アミロイドベータ」が脳内で寄り集まる際、らせん状から直線状などに線維構造が途中で変化することを、金沢大などの研究チームが初めて確認し、9日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 アルツハイマー病は、アミロイドベータが集まって線維になり、脳内に「老人斑」と呼ばれる蓄積物ができることが主な原因とされる。線維構造の違いは病状や進行の速さに影響するといい、アルツハイマー病の治療や予防法の開発につながる成果という。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ