西・東日本で大雨の恐れ 大気不安定

 気象庁は10日、西日本から東日本の広い範囲で11日にかけて大荒れの天候になる恐れがあるとして、大雨や竜巻などの激しい突風に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、11日にかけて低気圧が日本海を北東に進み、前線が西日本と東日本を通過。暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる。

 11日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で東海200ミリ、近畿、甲信150ミリ、四国、九州南部・奄美120ミリ。

 気象庁は、積乱雲の近づく兆しがある場合には建物内に移動し安全を確保するよう求めている。

 地震が相次いでいる熊本、大分両県では10日、朝から断続的に強い雨が降った。地震で地盤が緩んでいる所では土砂災害への注意が必要だ。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ