気象庁、熊本地震引き続き注意を 「今なお活発な状況」

 熊本地震で14日、気象庁の青木元・地震津波監視課長が記者会見し「発生から1カ月たち、減衰傾向にあるが、今なお活発な状況で、引き続き強い揺れに十分注意してほしい」と述べた。

 一連の地震で熊本県熊本地方と阿蘇地方では最大6弱程度、大分県中部では最大5強程度にそれぞれ最低1カ月の注意が必要と説明。さらに、九州では過去に間を置いて大きな別の地震が発生した例があり、2カ月程度は震度6弱以上に見舞われる可能性もあるとしている。

 また、今後の余震発生確率の計算方法や表現の仕方について、政府の地震調査委員会の検討結果を踏まえると明らかにした。

 気象庁によると、4月14日以降、震度1以上の地震は1400回を超えた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ