四国、九州で猛暑日 週末は関東も高温注意

 日本列島は5日、南から暖かい空気が流れ込み、西日本を中心に気温が上がった。最高気温は愛媛県新居浜市で35・7度など四国や九州の一部で35度以上の猛暑日になった。6日は東北南部や関東甲信でも猛暑日となる所がありそうで、気象庁は「高温注意情報」を発表した。

 一方で、暖かく湿った空気のために6日はほぼ全国的に大気の状態が不安定となる。特に東北と北陸は雷を伴った激しい雨や突風、ひょうに警戒が必要だ。

 気象庁によると、5日の最高気温が高かった地点は、宮崎県日向市と高松市35・6度、京都府京田辺市35・0度など西日本を中心に各地で30度以上の真夏日になった。

PR

PR

注目のテーマ