米、妊婦157人がジカ熱感染 疾病対策センターが発表

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は20日、米国の157人の妊婦がジカ熱に感染したと発表した。ロイター通信が伝えた。

 ジカ熱はカリブ海の米自治領プエルトリコで感染者が急増していた。CDCは4月、妊婦のジカ熱感染が新生児の小頭症の原因になると発表している。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ