横浜20代女性、ジカ熱感染 中南米に滞在

 厚生労働省と横浜市は23日、中南米から帰国した横浜市の20代女性が、蚊が媒介する感染症「ジカ熱」に感染したことを確認したと発表した。現地で蚊に刺され、感染したとみられる。中南米で流行が拡大した昨年5月以降、国内で感染が確認されたのは6例目。

 厚労省によると、女性はブラジル以外の中南米の流行地域に約半年滞在し、今月中旬に帰国した。その後発熱や発疹の症状が出て、20日に医療機関を受診。横浜市衛生研究所の検査で陽性が確定した。現在は快方に向かい自宅で療養中という。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ