熊本・益城町のテント村撤去へ 熱中症、浸水も懸念 

 熊本県益城町は24日、4月の地震後に総合運動公園に開設されたテント村で、寝泊まりしている住民約600人に順次避難所に移ってもらうための準備作業を始めた。猛暑による熱中症などを防ぐための措置で、31日までに終えてテントを撤去する考えだが、利用者から「余震が怖くて建物の中に入りたくない」といった声も出ている。

 町は午前9時ごろから、住民受け入れに備えて、テント村の近くにある町総合体育館内の整備をした。

 町によると、一連の地震により、テント村付近の地盤が約1メートル沈下したという。このため熱中症のほか、梅雨に近くの川が氾濫して浸水被害が起きるのを懸念している。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ