死亡率などリスク低く評価し手術 8人死亡の千葉市立病院

 千葉市立海浜病院(同市美浜区)の心臓血管外科で昨年手術を受けた患者8人が術後1カ月半以内に死亡した問題で、同病院は27日、うち6人について、死亡率などのリスクを低く評価して手術していたとの調査報告書を発表した。ただ、いずれの手術も明らかな医療ミスはなかったとした。

 外部の医師らによる調査委員会が作成した報告書によると、日本心臓外科学会が推奨する計算式を使用しないなど、手術のリスク評価が不十分だった。病院側が死亡率を3~10%と見積もって手術した複数の事例を調査委が検証した結果、死亡率は20~50%に上った。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ