地震で不明大学生、地上から捜索 1カ月ぶり、熊本県警と消防

 熊本県警と消防は1日、地震で崩落した南阿蘇村の阿蘇大橋近くで行方不明となっている大学生大和晃さん(22)の地上からの捜索を実施した。地上捜索は二次災害の恐れがあるとして5月1日に打ち切ったが、余震の回数が減少傾向にあることを踏まえ可能と判断した。

 捜索は午後3時ごろまでで、場所は阿蘇大橋より下流の約4キロの区間。約120人が現場に展開し、川の両岸やヘリコプターからの目視確認のほか、水中捜索も実施。

 母忍さん(48)は「土砂が堆積している場所をいくつか見つけた。そこを重点的に捜してもらえれば」と話す。

 一連の地震による死者は49人で、安否不明は晃さん1人。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ