仮設住宅が完成、地震後初 熊本・甲佐町の90戸

 地震による全半壊が700戸を超えた熊本県甲佐町で3日、90戸分の仮設住宅が完成し、5日にも入居が始まる。県内16市町村で2500戸以上が着工済みだが、完成は初めて。東日本大震災など過去の大災害と比べると日数が掛かっており、発生から2カ月となる今月中旬でも多くは完成しない見通し。

 甲佐町の町営グラウンドで4月29日から建設が始まった。この日は午前から愛知県や大阪市などから応援に入った自治体職員ら十数人が施工業者と共に、90戸を巡回。立て付けや水回りに不具合がないか検査した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ