西日本、東海が梅雨入り 熊本・大分は土砂災害警戒

 気象庁は4日、西日本(近畿、中四国、九州)と東海が梅雨入りしたとみられると発表した。関東甲信も近く梅雨入りするとみられる。熊本、大分の両県では相次ぐ地震で地盤が緩んでいる恐れがあるとして土砂災害に警戒を呼び掛けている。

 梅雨入りは、九州南部(宮崎県、鹿児島県)で平年より4日遅く、山口県と九州北部、四国はいずれも1日早かった。山口県を除く中国と近畿はいずれも3日、東海では4日早かった。沖縄と鹿児島・奄美地方は5月16日に梅雨入りしている。

 気象庁によると、4日は前線の影響で九州を中心に午前から雨が降った。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ