他人のiPSで初移植へ、理研 網膜再生に備蓄細胞利用

 他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、目の重い病気の患者に移植する世界初の臨床研究を実施すると、理化学研究所や京都大など4施設が6日、神戸市で発表した。

 iPS細胞から作った細胞を移植した2014年9月の世界初の手術は患者自身の細胞から作ったiPS細胞を使用。他人のiPS細胞は低コスト、迅速に利用でき高品質なのが利点で、再生医療の普及につなげる。

 2例目は患者のiPS細胞の遺伝子変異により見送られ中断していたが4施設で再開する。6日記者会見した理研の高橋政代プロジェクトリーダーは「時期は分からないが来年前半に手術をしたい」と説明。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ