尿で簡易にがん検査 日立と住商、新技術を開発

 日立製作所と住友商事グループは14日、尿検査でがんにかかっているかを判別する技術を開発したと発表した。現在主流の血液を使った検査よりも簡易で、費用も安くなる可能性があるという。臨床データを積み上げ、実用化を目指す。

 日立と住商ファーマインターナショナル(東京)が、乳がん、大腸がんの患者と健常者を各15人ずつ調べた。尿に含まれる1300種類以上の老廃物を解析したところ、乳がんと大腸がんの患者でそれぞれ、特定の老廃物が増減していた。

 がん患者かを判別できるほか、乳がんと大腸がんの違いも明確に出たという。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ