口永良部島、大規模噴火恐れ低下 レベル5から3に

 火山噴火予知連絡会(会長・藤井敏嗣東大名誉教授)は14日、東京都内で定例会合を開き、鹿児島県の口永良部島について「昨年5月のような大規模な噴火が起こる恐れは低下している」との見解をまとめた。気象庁はこれを受け、噴火警戒レベルを5(避難)から3(入山規制)に引き下げた。

 口永良部島でレベル5が引き下げられるのは昨年5月29日に発生した新岳の爆発的噴火以来、約1年ぶり。予知連や気象庁は、引き続き火口から2キロ圏に噴石が飛ぶ程度の噴火の可能性があるとして警戒を求めている。

 気象庁によると、新岳では昨年6月19日を最後に噴火は起きていない。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ