首相、安保法廃止は無責任と批判 民進の岡田代表「違憲」訴え

 安倍晋三首相(自民党総裁)は18日、新潟県上越市などで街頭演説し、安全保障関連法について「日米の絆が強くなった。廃止すると言う無責任な人たちに、子どもたちの未来を託すわけにはいかない」と述べ、野党側を強く批判した。民進党の岡田克也代表は、大分県由布市での演説で「(安保法に規定された)集団的自衛権行使は憲法違反だ」と訴えた。

 首相は、安保法成立により日米同盟が強固となったとした上で「北朝鮮の(長距離)弾道ミサイルにも、しっかり対応することができた」と意義を強調。「廃止すれば、日米同盟は根底から覆される」とアピールした。

 新潟県は、横田めぐみさんらが拉致された現場であることを踏まえ「全力で問題解決に当たる」と宣言した。「(米国と)しっかりと手を結んで解決へ努力している」とも述べた。

 岡田氏は「安倍政権は憲法を改正しようと考えており、危機感を持っている。改憲が参院選の最大の争点だ」と呼び掛けた。社民党の又市征治幹事長は、富山市での集会で安保法に関し「憲法9条に明らかに反する。政治は憲法を守るところから始めなければならない」と主張した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ