長崎、熊本で猛烈な雨 1時間150ミリも

 大気の状態が不安定となった影響により、長崎、熊本両県では20日夜、各地で猛烈な雨が降った。気象庁は、土砂災害や洪水への厳重な警戒を求めた。21日も全国的に大気の不安定な状態が続く恐れがあり、雷雨や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。

 20日夜から21日未明にかけて、熊本県甲佐町では1時間に150・0ミリの猛烈な雨を観測。長崎県雲仙市で124・5ミリ、熊本県宇土市で122・0ミリを記録した。気象レーダーの解析では熊本県宇城市や八代市などの各地でも、120ミリ以上の雨が降ったとみられる。気象庁は「記録的短時間大雨情報」を連続して発表した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ