記録的大雨、熊本4人死亡 1人心肺停止、1人不明 

 梅雨前線の活動が活発となり、20日から21日にかけて九州各地で1時間に100ミリを超える記録的な大雨を観測するなど、西日本で大雨となった。地震で地盤の緩んでいた熊本県では、土砂崩れに巻き込まれるなどして4人が死亡、1人が心肺停止の状態で見つかり、1人と連絡が取れなくなった。気象庁は、21日は関東甲信にかけても非常に激しい雨が降る恐れがあるとして土砂災害などへの厳重な警戒を求めた。

 気象庁のレーダー解析によると、21日未明、宮崎県綾町付近で1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられる。同庁は数年に1度程度の大雨だとして「記録的短時間大雨情報」を発表。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ