有権者1億660万人 1票の格差は3・08倍

 総務省は22日、参院選公示に合わせて21日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数を発表した。国内外の有権者は1億660万408人で、前回2013年参院選の公示日前日の時より181万9594人増えた。共同通信社が選挙区間の「1票の格差」を試算した結果、最大格差は3・08倍となった。

 13年参院選の最大格差は4・77倍。今回から「鳥取・島根」、「徳島・高知」の2合区を含む選挙区定数「10増10減」を実施したため、格差が一定程度、縮小した。

 有権者数の内訳は、国内が1億649万4879人で、海外に住む日本人分の「在外選挙人名簿登録者数」は10万5529人だった。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ