参院選、名古屋市立大にも投票所 1日限定、思い込め1票

 参院選が公示され、23日から始まった期日前投票で、名古屋市選挙管理委員会は市立大のキャンパスに期日前投票所を開設した。投票権を得た18、19歳の学生も投票。投票用紙を渡す事務従事者も学生が務めた。

 同日正午からキャンパス内の建物1階会議室に、1日限定で投票所を開いた。学生たちは休憩時間の合間に訪れ、緊張した面持ちで手続きを済ませていた。市立大人文社会学部1年の女子学生(18)は「中学の時から投票したいと思っていた。日本の未来につながるよう願い、1票を入れた」と話した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ