和歌山県知事、野党候補を中傷 県に提訴は「たかり」

 和歌山県の仁坂吉伸知事は23日、事実上の野党統一候補として参院選和歌山選挙区に立候補した弁護士の無所属新人由良登信氏を念頭に「県から見たらたかりじゃないかなという案件(裁判)でいつも出てくる」と批判した。

 和歌山市で開かれた自民党現職鶴保庸介氏の個人演説会に応援弁士として出席し発言した。

 仁坂知事は県が裁判を起こされると対応に税金がかかると指摘した。

 仁坂知事の発言に関し由良氏は「事実であれば、知事の発言は行政訴訟における弁護活動を理解していないもので、撤回し謝罪すべきだ」とのコメントを出した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ