首相、9条改正「現状厳しい」 TBS番組の収録で

 安倍晋三首相(自民党総裁)は24日夜のTBS番組の収録で、自身が意欲を示す憲法改正について「(どの条文を対象とするか)合意を得られる状況になっていない。9条は現状では厳しい」と述べた。今後、国会で議論を深めることが必要だとの認識も示した。

 改憲草案の発議には、衆参両院それぞれで総議員の3分の2以上の賛成がいる点を踏まえ「民進党にも改憲した方がいいと思っている方がいる。条文ごとに集約しないと発議しようがない」と語った。改正するかを最終的に決めるのは国民投票だとの考えも示した。

 民進党の岡田克也代表は、仮に首相が憲法9条改正を実現した場合に関し「自衛隊をアフガニスタンやイラクに派遣し、米軍と一緒に戦うことになる」と指摘した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ