北海道で大雨の恐れ 九州北部はピーク過ぎ

 気象庁は、北海道付近で26日まで暖かく湿った空気が入り、大気の状態が不安定になるとして、大雨による土砂災害や河川の増水に注意を呼び掛けた。九州北部では25日未明まで激しい雨が降ったが、気象庁は同日午後までにピークを過ぎたとしている。

 気象庁によると、25日午後6時~26日午後6時までの予想雨量は、北海道の太平洋側西部で多い所で80ミリ。

 激しい雨が続いた九州北部の18日午後4時から25日午後3時までの各地の総雨量は、熊本・阿蘇山740・5ミリ、大分県日田市638・0ミリ、佐賀県嬉野市484・5ミリ、長崎・雲仙岳507・0ミリだった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ