心臓移植の夏奈ちゃん元気に帰国 募金で渡米

 重い心臓病の「拡張型心筋症」を患い、募金によって昨年12月に米国で心臓移植手術を受けた大阪府吹田市の大林夏奈ちゃん(1)が今月、元気な姿で両親と帰国した。父謙一さん(29)が27日、大阪府庁で記者会見し「多くの支援のおかげで体調も落ち着き、ようやく家族が一つ屋根の下で暮らせる」と報告した。

 今月7日に帰国し、術後の経過観察などで現在は大阪大病院に入院しているが、元気な笑顔を見せ、7月に2歳の誕生日を迎える。謙一さんは「思いやりのある優しい子どもに育ってほしい」と目を細めた。

 夏奈ちゃんは14年9月、生後2カ月で心不全になり小児用補助人工心臓を装着した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ