副作用研究で信州大調査へ 子宮頸がんワクチン

 信州大の池田修一教授が厚生労働省研究班の代表として行っている子宮頸がんワクチンの副作用に関する研究内容に不正を疑う指摘があり、信州大は28日までに、予備調査委員会を設置して調べることを決めた。今後必要があれば、外部の有識者を交えた調査委員会で本調査をする。

 池田教授が代表者を務めた研究班は3月、免疫の異常を起こしやすくしたマウスに同ワクチンを接種すると、神経細胞を攻撃する抗体が作られるとの結果を公表した。その後、研究手法に外部から疑問が寄せられた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ