九州南部で局地的大雨 土砂で2人一時生き埋め

 梅雨前線の影響で、九州南部で28日、局地的に激しい雨が降った。気象庁によると、鹿児島県鹿屋市で午後0時40分までの24時間雨量が263・0ミリに達した。同県姶良市では土砂崩れで住宅1軒が全壊し、女性1人が一時生き埋めになった。長崎市でも、男性1人が土砂で体の一部が埋まった。九州新幹線は一部区間で運転を一時見合わせた。

 鹿児島県警などによると、土砂崩れに遭ったのは、姶良市蒲生町北の住宅。50代の姉妹が住宅におり、姉は自力で脱出。妹は発生から約1時間後の午後3時すぎに救出されたが意識不明の状態という。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ