台風1号発生、過去2番目の遅さ エルニーニョ終息影響か

 3日午前9時、西太平洋のカロリン諸島付近で熱帯低気圧が台風1号になった。気象庁が発表した。統計がある1951年以降では過去2番目の遅さ。

 台風1号はゆっくりした速さで北西に進み、中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速25メートル。

 気象庁は、南米ペルー沖の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が終息した影響で、今年は台風発生が遅れたとみている。これまで最も遅かった記録は18年前の98年7月9日だった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ