C型肝炎薬で1人死亡 急性腎不全の副作用

 厚生労働省は5日、製薬会社アッヴィのC型肝炎治療薬「ヴィキラックス」の副作用とみられる急性腎不全で1人が死亡したとして、添付文書の「重大な副作用」に急性腎不全を追記するよう指示した。

 厚労省によると、昨年11月の販売開始以降、薬剤との因果関係を否定できない急性腎不全が9人で報告され、うち70代の男性が死亡した。このため、投与に当たっては腎機能を検査し、機能が低下している患者などへの注意を呼び掛ける。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ