女性開業医の30%、産前休めず 出産後すぐに働く人も

 全国保険医団体連合会(保団連)は6日、会員の女性開業医のうち、30%弱が出産前に一切休めず、約80%が産後8週間の休暇を取得できていないとのアンケート結果を公表した。出産後に休まずに働いた人もいた。

 労働基準法は、事業主は従業員から休暇の求めがあれば出産前6週間、産後は原則として8週間は従業員を働かせてはいけない。事業主の開業医はこの休暇の対象外で、代わりの医師の確保なども難しく産前産後も休めない場合が多いという。

 調査は昨年7~9月に実施。開業後出産した35歳以上の医科、歯科の女性医師123人、出産数210件の休暇取得状況をまとめた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ