首相、激戦1人区を支援 岡田氏も長野で支持訴え

 与野党幹部は6日、報道各社の終盤情勢調査を踏まえ、焦点の1人区を中心に舌戦を展開した。安倍晋三首相(自民党総裁)は青森県へ3巡目の遊説に入り、候補者への支援に全力を挙げると同時に、自民、公明両党による連立政権継続の重要性を訴えた。民進党の岡田克也代表は長野、山梨両県で支持を訴えた。

 首相は青森市内で街頭演説し、情勢について「この選挙戦は本当に厳しい。この青森県は過去になかったような激しいデッドヒートだ」と強調。民進、共産両党を中心とする野党統一候補に対し「政策も理念も違うのに自民党を倒すためだけに候補を出している。世の中一般では野合と言う。極めて無責任だ」と批判した。

 公明党の山口那津男代表は埼玉県鴻巣市での演説で、改憲勢力による3分の2の議席獲得阻止を訴える民進党について「過半数が本当の勝敗ラインではないのか。腰の引けた消極的な人たちに政治を任せるわけにはいかない」と非難した。

 一方、岡田氏は共闘を組む共産党の志位和夫委員長、社民党の又市征治幹事長とそろって長野市内で街頭演説した。

 岡田氏は「新聞各紙は改憲勢力で3分の2を取りかねないと伝えている。憲法改正に歩み出すことを絶対に阻止しよう」と呼び掛けた。志位氏も「安倍改憲の本丸は9条を壊すことだ。自民党への1票は9条を壊す1票だ。頑張り抜かなければこの戦いは勝てない」と主張。又市氏は「自民党を勝たせることで、日本の若者を戦地に送り出していいのか。彼らは憲法を、国民を縛るものに変えようとしている」と訴えた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ