各党党首、最後の訴え 最重点選挙区で演説

 参院選は9日、選挙戦最終日を迎え、与野党幹部は最重点の選挙区に入り、街頭などで最後の訴えを行った。安倍晋三首相(自民党総裁)は、有権者の信任を得て与党でアベノミクスを進めると強調。民進党の岡田克也代表は、安全保障関連法の成立過程を引き合いに、首相は強権的だと批判し「安倍政治」の阻止を呼び掛けた。

 首相は東京・秋葉原で「3年半前、皆さんの力で政権を奪還し、雇用を増やしてきた。決してアベノミクスは失敗していない。でも道半ばだ」と主張。有効求人倍率が全国で1倍超になったことに触れ「この道を力強く、前へ、前へと進んでいかなければいけない」と訴えた。

 岡田氏は三重県桑名市で「この選挙は安倍暴走政治と国民の良識の戦いだ。改憲勢力が(国会発議に必要な)3分の2の議席を取れば、首相は憲法9条の改正に突き進む。次の世代に責任を果たせない」と、対決姿勢を前面に打ち出した。

 公明党の山口那津男代表は神戸市で、民進、共産両党が中心の野党共闘について「政策や理念がばらばらだ。これからの政治を任せるわけにはいかない」と批判。共産党の志位和夫委員長は横浜市で「日本経済はアベノミクス不況に陥っている。格差を正し、貧困をなくそう」と力説した。

 おおさか維新の会の松井一郎代表は大阪市で「納税者が納得できる税金の使い方にするのが維新の公約だ」とアピールし、社民党の吉田忠智党首は大分市で「平和憲法を生かした国造りに全力を挙げていく」と強調した。生活の党の小沢一郎共同代表は新潟県新発田市で「やりたい放題の安倍政権を野放しにしておくわけにはいかない」と語気を強めた。

 日本のこころを大切にする党の中山恭子代表は東京・銀座で「日本には独立国家の意識が欠けている。自主憲法を制定しなければならない」、新党改革の荒井広幸代表は東京・錦糸町で「原発に頼らない社会をつくっていきたい」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ