比例獲得、自民は19議席で首位 民進11、公明7

 第24回参院選の比例代表は11日午前6時、改選48議席が確定した。自民党は改選数12を上回る19議席を確保し、首位となった。12年ぶりに比例第1党に返り咲いた前回2013年参院選で得た18議席を超えた。民進党は11議席を獲得した。前身の民主党が13年参院選で取った議席数7を上回ったが、改選数の15には届かなかった。

 公明党は改選6を超え7議席を得た。共産党は改選3を上回り、5議席で確定。おおさか維新の会も改選2議席を超える4議席を獲得した。改選2の社民党は1議席で確定した。13年参院選と並んで結党以来最低。

 改選1の生活の党は1議席を維持した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ