首相、改憲論議の加速狙う 「4党」では届かず

 10日投開票の参院選で、憲法改正に賛同する改憲勢力が、非改選と合わせて国会発議に必要な3分の2(162議席)超となった。自民、公明両党と野党のおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の改憲4党では届かず、安倍政権下での改憲に賛同する無所属・諸派を加えて達した。これを受け、安倍首相は改憲項目絞り込みに向け、秋の臨時国会で各党協議の加速を狙う。民進党の岡田代表は審査会での議論に参加する可能性を示唆した。

 首相は「(参院選で)憲法の是非が問われたわけではない。議論は国会でされる」として、街頭演説で改憲に触れなかったことを踏まえ、丁寧に進める姿勢を強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ