参院選投票率、54・70% 総務省発表、4番目の低さ

 総務省は11日午前、第24回参院選の投票率が選挙区54・70%、比例代表54・69%だったと発表した。前回2013年の52・61%を選挙区で2・09ポイント、比例代表で2・08ポイント上回ったが、1947年の第1回以降で4番目に低い投票率となった。選挙当日の有権者数は全国で約1億620万人。

 激戦の改選1人区などでは投票率が前回より伸びた一方、選挙区が合区となった県では低下する例もみられた。期日前投票者数が過去最多を更新し、「18歳選挙権」の導入で18、19歳が新たに有権者に加わるなどの要因もあったが、いずれも大幅な押し上げにはつながらなかったもようだ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ