石破氏、改憲は慎重議論が必要 3分の2確保で

 与党が勝利した参院選結果を受け、12日の閣議後の記者会見で各閣僚から発言が相次いだ。憲法改正に賛同する改憲勢力が参院の「3分の2」超の議席を確保したことについて、石破茂地方創生担当相は慎重な議論が必要だとの認識を示した。

 石破氏は「国民投票が可能となる状況が整っただけで、特定の条文を改正するのに3分の2を取ったわけではない。改憲は国民投票によって決まる」と指摘。優先すべき項目に関し「自民党内でまず議論されることだ。9条だとは誰も言っていない」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ