熊本地震3カ月、避難なお5千人 仮設住宅完成4割止まり

 熊本地震の発生から14日で3カ月となる。熊本県の16市町村で3600戸以上の仮設住宅が着工されたが、6月以降の豪雨などの影響もあり完成は約4割にとどまる。仮設入居の前提となる住宅の被害調査も続いており、豪雨による避難者を含め4870人(13日現在)が避難所に身を寄せている。

 県によると、地震による死者は49人、行方不明1人。震災関連死の申請も相次ぎ、熊本市の6人が認定された。熊本、大分両県の建物被害は13日現在、計約16万5千棟に上っている。

 熊本県の仮設住宅着工数は12日現在で3631戸、うち1429戸が完成した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ