厚労省、指定難病に9疾患追加へ 来春にも助成

 厚生労働省の委員会は13日、医療費を助成する指定難病として、骨がもろくなる「大理石骨病」など9疾患を新たに追加することでほぼ合意した。正式決定後、来年春にも助成を始める。

 指定難病は、2014年に成立した難病医療法に基づき、2度の選定で計306疾患が指定された。厚労省は3次分として222疾患から選定を進めており、まず9疾患を選んだ。秋ごろまで順次選ぶ。

 追加されるのは国内に約1500人の患者がいる「シトリン欠損症」や、世界に50人程度の「セピアプテリン還元酵素欠損症」など。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ