心を癒やす「最高のシメ」は? 日本三大歓楽街の「中洲」

 ススキノ(札幌市)、歌舞伎町(東京・新宿)と並ぶ、日本三大歓楽街の一つが、福岡市・中洲だ。那珂川と博多川に挟まれたまさに「中州」には、2600軒ものスナックやクラブがひしめき、水面に映るネオンが男心を誘う。飲み会のフィナーレを飾るのが「シメ」だ。ラーメン、ギョーザ、うどんが「定番」(地元会社員)とはいえ、中高年の胃には「重い」時が。グルメもひしめく中洲には、地元通のシメがある。男が作る、おふくろの味だ。

■小説の世界に浸る

 おわんのふたを開けると、もわっと湯気が広がった。

 一杯のみそ汁。

 「豆腐と油揚げ」「あらかぶ」など15種類のうち、最も人気の「玉葱とうずらの玉子」(税別350円)を頼んだ。

 一口含んだ。熱っ。みそもだしもほどよく、互いの個性を尊重し合っていて、バランスがいい。

 タマネギはシャキッとした食感が残る。二つ浮かんだウズラの生卵が、余熱で固まっていく。

 ここは那珂川沿いの横町、人形小路。軒を接する料理屋の一角に「味噌汁 田(でん)」はある。

 1階はカウンター8席だけ。2階の和室は予約が必要だ。ほぼ9割を占めるという常連客の1人が、元警視庁警視で福岡市出身の作家、濱嘉之さんだ。

 代表作「警視庁公安部・青山望」シリーズでは「中洲のみそ汁屋」として登場。それを読んだ青山ファンたちが、関東や関西からも訪れ、小説の世界に浸る。

 刺し身や煮物など一品料理もあり、客足のピークは午後6時半と午前0時の2度。1次会を「田」で過ごして、2次会、3次会を経て、再び「田」に戻ってくる客もいるという。

 魅力は何か。常連たちに聞いてみた。

 「おいしいから」
 「ホッとするからかな」
 「懐かしい味」
 「年だからね。もう脂っこいのは胃にもたれる」

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ