高齢者腎臓病治療の鍵を発見 炎症で修復力低下、京大

 高齢者の腎臓病が治りにくいのは、腎臓にリンパ節のような組織ができて炎症が続き、修復力が低下するためだとする研究結果を、京都大の柳田素子教授(腎臓内科学)らがマウス実験で明らかにし、21日付の米医学誌電子版に発表した。

 この組織は「3次リンパ組織」で、柳田教授は「腎臓病で血液透析を受けなければならない患者は高齢化社会の進行で増えている」と話している。

 柳田教授らは、複数の若いマウスと高齢マウスにそれぞれ急性腎障害を起こした。すると、若いマウスでは3次リンパ組織がほとんど形成されなかったのに対し、高齢マウスでは3次リンパ組織が腎臓内で広がり炎症が続いた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ