他人のiPS細胞移植計画を承認 神戸の市民病院倫理委

 他人の細胞を使って作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)から網膜の細胞を作製し、重い目の病気の患者に移植する世界初の臨床研究を巡り、移植を担当する神戸市立医療センター中央市民病院の倫理委員会は26日、研究の実施計画を承認した。今後、国などの承認が得られれば来年前半にも移植手術を実施する。

 臨床研究は、視力低下や視野のゆがみが起きる「滲出型加齢黄斑変性」で、症状が進み視力が相当落ち、既存の薬が効かない患者が対象。他人に移植しても拒絶反応が少ないとされる特殊な型の細胞を健康な人から集めてiPS細胞を作り、備蓄する京都大のiPS細胞ストックを利用する。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ