骨粗しょう症早期診断に道 骨溶かす場面、長時間観察成功

 骨粗しょう症や関節リウマチの発症に関与する「破骨細胞」が、生きたままのマウスの体内で骨を溶かす場面をリアルタイムで長時間観察することに大阪大の菊田順一助教(免疫学)らのチームが成功し、31日までに米科学誌電子版に掲載された。

 破骨細胞は骨の形成とバランスを取りながら古い骨を分解する役割を担うが、過剰に働くと骨粗しょう症や関節リウマチを起こす。どう働いているかを迅速に把握することで、早期診断や新たな治療薬の開発に役立つ可能性があるという。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ