老化細胞の除去で若返り マウスの肺、弾力回復

 年を取ったマウスの肺にある老化した細胞だけを薬で取り除き、肺を若返らせることに成功したと、国立長寿医療研究センター(愛知県)などのチームが4日、米医学誌電子版に発表した。

 同センター研究所の丸山光生副所長は「人の老化細胞も除去できれば、肺の病気の予防や治療につながるかもしれない」と話している。

 体の中には加齢によって増殖しなくなり、組織に蓄積する細胞があり、老化細胞と呼ばれる。肺が老化すると弾力がなくなり、呼吸が困難になる慢性閉塞性肺疾患(COPD)などにつながる恐れがある。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ