台風5号、小笠原近海を北上 8日に関東で強風

 大型の台風5号は6日、小笠原諸島近海を北上した。気象庁によると、8日には強い勢力となって伊豆諸島の東海上を進み、関東では風が強く吹く見込み。9日は勢力を維持したまま三陸沖へ進むとみられる。東日本と北日本の太平洋側の沿岸では7日から波が高く、9日には大しけとなる恐れがあるとして、同庁は警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風5号は7日午前0時現在、父島の東約550キロを時速20キロで北へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ