台風5号、北上続ける 沿岸部は暴風、高波に警戒

 台風5号は8日、勢力を保ったまま日本の東海上を北寄りに進んだ。9日にかけて三陸沖に進み、10日朝には千島近海で温帯低気圧に変わる見込み。海は大しけになるとみられ、気象庁は暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると台風5号は9日午前0時現在、銚子市の東約290キロを時速25キロで北へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心の東側280キロ以内と西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風域。

 9日にかけて予想される最大風速は、北海道、東北、関東で20メートル(最大瞬間風速30メートル)。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ