熊本地震、不明大学生の捜索再開 崩落した阿蘇大橋下流で

 熊本県は9日、熊本地震で唯一、行方が分からない大学生大和晃さん(22)の本格的な捜索を再開した。崩落した阿蘇大橋(南阿蘇村)の下流で、大和さんが乗っていたとみられる乗用車の周りにある複数の岩を取り除き、車体の状況を確認する作業を始めた。

 大和さんは4月16日未明、熊本市から阿蘇市の自宅に帰る途中、阿蘇大橋の崩落に巻き込まれた恐れがある。

 午前8時ごろに県警や消防など約80人が阿蘇大橋から下流約400メートルの川岸に集まり、削岩機などを使って岩を砕いていった。父卓也さん(58)も現場近くを訪れ「車の中にいてほしいが…」と言葉少なに話し、作業を見守った。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ