北日本海上で暴風警戒、台風5号 北上続く

 台風5号は9日、三陸沖を北上した。今後は北海道の東海上に進み、10日朝には千島近海で温帯低気圧に変わる見込み。気象庁は、北日本(北海道、東北)太平洋側の海上を中心に、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、10日にかけて予想される最大瞬間風速は北海道で30メートル。予想される波の高さは北海道と東北6メートル、関東5メートル。

 台風5号は9日正午現在、岩手県釜石市の東約440キロの海上を時速約30キロで北北東に進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ