列島、西日本を中心に猛暑 お盆も厳しい暑さ続く

 日本列島は10日、高気圧に覆われて広く晴れ、西日本を中心に猛烈な暑さとなった。全国に929ある観測点のうち、最高気温が35度以上の猛暑日は114カ所に上った。

 気象庁によると、お盆期間中の11~14日も全国的に晴れて厳しい暑さが続く見込み。15日から曇りがちになるが気温は高いままだとみられ、レジャーなどで屋外活動する際は帽子着用など熱中症への注意を求めている。

 10日に最も暑かったのは、高知県四万十市と大分県日田市で38・1度。他は、福岡県久留米市と宮崎県えびの市で37・6度、山口市37・4度などを記録。東京都心は34・0度、大阪市は35・2度だった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ