西日本中心に厳しい暑さ続く 宮崎市で36・2度

 日本列島は14日も各地で気温が上がり、宮崎市で36・2度を記録するなど西日本や東海を中心に35度以上の猛暑日となる所があった。気象庁は、小まめな水分補給などで熱中症を防ぐよう呼び掛けた。

 気象庁によると、他の日中の最高気温は、宮崎県西都市と高知県黒潮町で36・1度、神奈川県海老名市で35・8度、浜松市で35・6度など。

 一方、暖かく湿った空気の影響で全国的に大気の状態が不安定となり、気象庁は急な大雨や落雷、突風の恐れがあるとして注意喚起した。新潟県柏崎市では14日午前、1時間に43・5ミリの激しい雨を記録した。

PR

PR

注目のテーマ